治療期間について|徳島県とくしま整骨院

  • 出来るだけ短い期間で治療してほしい
  • 短い期間で効果的な治療がしたい
  • 治療期間の目安を知りたい

治療期間の誤解

交通事故でのむち打ちなどの症状は、おおよそ3ヵ月の治療期間と世間で思われていないでしょうか?

これは間違いであくまで目安であり、損保会社の勝手な判断です。

むち打ち症状でも一人ひとり症状も違いますし、痛みの出現や感じ方も様々で触るだけでも激痛、吐き気頭痛や痺れを伴ったりします。

1ヵ月で良くなる方も見えますが、3ヵ月で治るものでもありません。

当院の治療期間

交通事故のむち打ちなどの通院ですべきポイントは、

損保会社に言われるままに3ヵ月で治療を終了するのではなく、痛みが残っているのであれば、続けるべきなので損保会社に訴えかけてください。

 

 

 

 

 

とくしま整骨院では、治療期間についてもしっかりサポートさせて頂きます。

当院の治療方針は、痛みが残存している場合は6ヵ月を基本に治療を継続していきます。

整形外科医師との連携・証明もとれておりますので、安心してご来院ください。