むち打ち症

むち打ち

  • 病院でレントゲンを受けたが、異常なしと判断を受けた
  • 3日、二週間後に痛みがでてきた
  • 事故後に原因不明の不調に悩まされている
  • このまま治らなければ…と不安を抱えている
  • 病院で痛み止めや湿布を処方されたが、なかなか良くならない

交通事故後、怪我はしていないのに首に痛みはありませんか?

説明

交通事故後、特に目に見える怪我はしていないのに、体が怠かったり首や肩が回りにくくなっていたり痺れや痛みはありませんか?

それは、「むち打ち症」と呼ばれる不調で、交通事故が起きた強い衝撃により体の筋肉、神経、関節等が損傷を受けている状態です。
特に、首がムチのようにしなった状態になることから名づけられました。

自分の大切な体を守ろうと首や肩に不自然に力が入ってしまったり、事故での強い衝撃を受けることで骨格に歪みが生じたり、筋肉が不自然にねじれたりしてしまいます。

そうやって身体が強い衝撃を受けると、首が回せなくなってしまったり、頭痛、吐き気、めまい、首、肩周辺の怠さや痛みといった不調に見舞われます。
むち打ち症は見た目ではなんともないのに、このように酷い怠さや痛みがあることが特徴です。

事故での衝撃で歪んだ身体は、簡単に元の状態に戻すことができません。

事故後の様子身体の歪み方や不調の出方は、事故にあった際の状況や個人差があります。
ですが、すべてのむち打ち症にたいして言えるのが、一刻も早く元の体に戻れるように施術を開始することが早期解消のコツだということです。

逆に、暫く歪みを放置してしまったり、「これくらいすぐに良くなる」と治療に取り掛かるのが遅れた結果、歪みが定着化してしまい、余計に治療に時間がかかってしまうことになります。
また、すぐに取り掛からないことで後遺症を誘発するきっかけにもなってしまいます。

むち打ち症には種類があります。

脊椎捻挫型

脊椎捻挫型約7~8割の人が頸椎捻挫型のむち打ち症だといわれています。
特徴して、首が痛い、首が回せない、肩周りが張っている、首周りの神経が圧迫されることによる頭痛や吐き気もあります。

神経根症型

神経根症型頸椎にある神経が圧迫されることで痛みが生じ、頸部の痛み、味覚障害、倦怠感、しびれなどがあげられます。

バレ・リュー症候群

バレ・リュー症候群事故に遭った衝撃により、背骨を通っている自律神経を傷つけてしまった場合になります。
交感神経の障害が多く、なかなか回復が難しいといわれています。
自律神経に関わる不調に見舞われます。例えば、息苦しさ、目がかすむ、夜眠ることができない、昼夜逆転、視力の低下、耳鳴り、倦怠感などになります。

脳脊髄液減少型

脳脊髄液減少型かなり稀な場合ですが、事故に遭った衝撃で脊髄を傷つけて脳脊髄液がもれでてしまうことがあります。味覚障害、倦怠感、頭痛、自律神経の不調などが起こります。

後悔をしないむち打ち治療のために、早めの行動が大切です。

施術むち打ち症というのは、事故が起きてすぐには痛まないことがあります。
なぜなら、事故が起きた直後は気が動転したり、興奮をしている状態で正しい感覚を得ることができません。
ですから、2,3日経過してから首が痛くなったり、1週間後や一か月後に痛みがやってくる人もいます。
事故の衝撃で歪んだ身体が何かを拍子に、痛みとして表に出るとそうなります。

ですから、事故後は必ず病院でレントゲンやMRI検査を受けたり、身体に異常がないか調べる必要があります。また、検査を終えた後は、不調や痛みにあった施術が必要になります。

整形外科で見てもらった方がよい部分、整骨院にかかったほうが良い部分、それは怪我や不調に合わせて事故に遭った方自身が判断をすることが可能です。