事故後の関節の痛み(腕・足)

関節の痛み

  • 事故後、手足にしびれが残ってしまった
  • 事故に遭ってから体に上手く力が入らなくなってしまった
  • 怪我をした箇所のリハビリがうまくいっていない
  • 腰から太ももにかけて我慢できないしびれがある
  • 整形外科では異常なしといわれたのに痛む

事故後の関節の痛み

説明

交通事故後、肩手足の関節の痛みやしびれ、「身体に力が入らなくなってしまった…」ということはありませんか?

それは、骨折による痛みである場合も考えられますが、
そうでなかった場合、筋肉の伸びの悪さによる可動域の減少、神経痛、こわばりによる血行障害の痛みなどが考えられます。

自動車での運転時は特に、両手でハンドルを握っていますので、事故の衝撃で手首、肘、肩などの関節を傷つける方が多くなります。
また、バイクでの事故だった場合は足の怪我も多くなってきます。足の打撲や捻挫、関節の痛みなどがあげられます。

関節の痛みは特に、早めの処置が必要です。
治るだろうと放置しておくと、だんだん痛みのあった箇所が動かしにくくなってしまって、癒着してしまいます。すると、将来的にしびれを引き起こすきっかけになってしまったり、後遺症として残ってしまう場合もございます。

関節の痛みは様々な原因が考えられますので、適当な対応は避けなければいけません。

関節の痛み身体の状態や痛み方をしっかり把握した上で適切な処置を行うことで、痛みの解消に導くことが可能です。
また、しびれがすでにあるような方は、関節に関わる全身の歪みを正したり、特に首に関わる部分が大きいためしっかりとしたケアが必要です。
一生しびれを抱え続けるのは辛いものですが、早めの判断で解消に導く事は可能です。

必ず、早めの処置を行いましょう。

事故後の関節痛を解消するには

施術

交通事故後の関節痛を解消するには、まずはしっかりご自身の痛みや不調の出方を把握することです。

カウンセリングから体の歪みがある箇所を特定したり、実際にお体を確認して、全身から歪みを正していきます。

手首や腕の関節の痛みが患部ではなく、首の筋肉の損傷からきていたり、身体の筋肉というのは繋がっているのでそれを熟知している柔道整復師の得意分野になります。

事故後の関節痛は、是非徳島交通事故治療.comへご相談下さい。