交通事故による骨折・捻挫

捻挫

  • 交通事故の衝撃で捻挫・打撲をしてしまった
  • バイクから転倒して、手足を怪我した
  • ひどい捻挫で歩けず、障害が残らないか心配がある
  • 打撲や捻挫のリハビリができる場所を探している
  • 怪我をして良くなったが、まだ違和感を感じている

交通事故と捻挫と骨折

説明交通事故ではハンドルを握っているため、手首や腕を捻挫してしまう人は多いです。
また、ダッシュボードやフロントガランスにぶつけて、骨折をしてしまう方もいらっしゃいます。

バイク事故に至っては、転倒して手をついてしまうことにより捻挫や足を骨折をしてしまう場合もございます。

これらは、むち打ち以外で交通事故の怪我でよくあるものです。

打撲や骨折も整骨院で見ることが出来ます。

テーピング

「できるだけはやく治したい」「社会復帰をしたい」とお考えの方は、整骨院では骨折のリハビリ、骨折をしている間の筋肉のケアを行うことができます。

骨折により体を思うように動かせなくなり、暫く筋肉を使わないと当然、身体のバランスが悪くなって歪みがでて、事故の怪我の解消が思うように進まない場合もあります。

できるだけ体にこれ以上の痛みや不調を出さずに、骨折のケア、捻挫の解消をしていくことが早期解消に繋がります。

当院では、同時進行でむち打ちの解消と骨折や捻挫の早期解消を目指していくことが可能です。現在、骨折をしていて治った後のことを心配されている方も、できるだけ社会復帰した際にいつもの日常にスムーズに戻って頂けるように、サポートが可能です。

また、捻挫は放っておくと怖い怪我です。
捻挫一つで身体の歪みに繋がり、全身のバランスが崩れて慢性的な不調のきっかけとなってしまう可能性もございます。

当院での骨折・捻挫の施術方法

捻挫

骨折を判断するためのレントゲン撮影やMRI検査は整骨院で行うことができませんので、最初に医療機関での診察を薦めています。

病院では応急処置やギブスで固定することはできますが、リハビリを行っていない場合がございます。

整骨院では、骨と骨がくっつくまでの間使われてない筋肉を調整したり、筋トレのご指導を行ったりすることが可能です。
捻挫ですと、RICE療法を始め炎症期にも対応できる機器を使用したり、炎症が引いてからは手技で施術を行い、できるだけ早い復帰を目指します。

また、整骨院ではギブスをしたり、テーピングの対応をすることも可能です。
場合によってさまざまな道具の貸付などをも行っておりますので、怪我の内容によってご提案させて頂きます。

このように、骨折のリハビリや捻挫の対応も整骨院では得意としており、交通事故の怪我の治療として施術を受けて併院することも可能です。
是非、お気軽にご相談下さい。