事故後の腰痛(腰椎捻挫)

事故後の腰痛

  • 事故に遭ってから腰や背筋が痛い
  • 湿布で対処していたが、どう考えても治る気配がない痛みがある
  • 元々腰痛もちだったが、さらに酷くなってしまった
  • すぐに腰がだるくなってしまう
  • 座っているのも立っているのも我慢できない痛みがある

事故の衝撃により、腰痛や肩こりが起こります。

説明交通事故に遭うと、一番痛めやすいのは首周辺だと言われています。
5kgもある頭部が事故の衝撃により前へ押し出される為、それを支えている首周辺に大きなダメージを受けてしまうためです。

そして、次にダメージを受けやすいのが腰です。腰もまた、人間の中心で身体を支えている部分なので、事故後に腰痛を訴える方は多くなっています。

元々腰痛に悩んでいた方ががもっとひどい痛みに発展したり、今まで痛みがなかった人に腰痛が起きることもあります。
また、事故の衝撃で神経を傷つけてしまっている場合もあり、痺れがある痛みやヘルニア、坐骨神経痛のような重大な不調に見舞われることもあります。

事故に遭った衝撃は、身体に大きなダメージを残します。

事故後の様子交通事故での衝撃は、身体の骨格を歪めてしまったり、突然の動作で筋肉を著しく傷つけます。すると、出血するような怪我はしていなくても痛みや不調を抱えることになります。

さらに、この痛みは闇雲にマッサージをするくらいでは、解消することが難しいものです。人によってどこを痛めてどのような痛みがでるのか、事故の状況によって大きく異なってきます。なので、原因を見つけても元の状態にすぐに戻すのが難しいのです。

事故後の不調は、身体を支える首や腰にきやすいというだけで、身体全体が大きな歪みや損傷を抱えてしまっています。すると、その日の体調や天候により、肩や腰だけでなく様々な箇所の痛みにもなります。

なので、事故での治療で大切なのは、カウンセリングや検査で歪みのある個所をしっかり確認して施術を施し、経過を見ながらその時にあったアプローチを続けることです。

事故後の腰痛を早く解消するには?

施術

事故後の腰痛を解消するには、まずは「どこがどのように痛むのか?」「事故に遭った時の状況」について把握をしてもらいながら施術を受ける必要があります。

ただ、痛む部分をマッサージしたり、冷やしたり温めたりするだけでは、事故後の痛みを解消することはできません。

歪みがある箇所・痛みの出方を理解して段階的に歪みを取り除き、痛みがある場合は、できるだけ痛みをすぐ取り除いてあげられるように施術を行います。

また、痛む箇所がその日の体調や気候によって変わる場合もあります。
徳島交通事故治療.comでは、毎回しっかりカウンセリングと体のチェックを行い、できるだけ痛みを出さないようにしながら、歪みの根本的な解消に向けてアプローチを行います。

歪みが解消すると、腰痛は自然と快方に向かっていきます。
事故後の体の不調の早期解消、根本的な解消なら、当整骨院までお気軽にご相談下さい。